予備校の必要性について

塾と予備校の違い

予備校 : N予備校

塾と予備校の違い / 浪人生の場合、朝イチから午前中いっぱいが予備校での生活 / 難関な大学に入るためには、特別な準備が必要

予備校は塾とは少し違います。
イメージとすると塾は地方型の夜間学校で予備校の方は都市部型の夜間学校という感じです。
あくまでもイメージなのでぴったりとはまるわけではありません。
塾は小学校くらいから通う子供も多いことでしょう。
だいたい家の近くにあって、学校の友だちと一緒にいくことが多いと思います。
塾につくと、プリントが配られてその問題を解きます。
解き終わると先生に採点してもらい、間違ったとこを重点的に教わります。
少し大きい塾になると、学校と同じような授業形式で教わることもあります。
この場合、月謝が高くなるでしょう。
一方、予備校は高校生が部活終了後に電車で都心に移動して夜の授業を受けるというのが基本です。
大手の予備校であれば、事前に入校時にテストで実力を計り、普通クラスや特進クラスへ選別することが行われます。
授業の内容も学校では教わらない少し難しい内容がほとんどで、始めから大学入試対策志向になります。
平日以外の休み中も授業は当然行われます。
特に夏休みは期間が長いため、夏期講習といった形で丸一日授業があることも珍しくありません。

通信制高校3年 バイトは週に3日 よろしくお願いします
来年からは専門学校に通いながらゲームする予定です
よろしくお願いします #peing #質問箱 https://t.co/2bqjSwNGEi

— みなせ (@Minase_FN) 2018年9月24日