予備校の必要性について

浪人生の場合、朝イチから午前中いっぱいが予備校での生活

塾と予備校の違い / 浪人生の場合、朝イチから午前中いっぱいが予備校での生活 / 難関な大学に入るためには、特別な準備が必要

最後にはテストがあり、クラス選別や希望する大学への合格判定も行われます。
高校自体でも授業はあるわけでそれだけで足りそうですが、カリキュラムという年間で教える範囲が決まっているため、なかなか大学入試対策の難しいレベルをこなしている余裕はないのが現状でしょう。
それでも、夏休み等では、熱心な先生によっては補修をやってくれたりするので、予備校に準じる場合もあります。
浪人生の場合、朝イチから午前中いっぱいが予備校での生活になります。
午後にも授業があることもあるかもしれません。
朝から満員電車にゆられ都内へ出て朝早くから難しい授業を受けます。
授業は一コマが1時間くらいで、授業との合間には休憩時間もあります。
午前中の授業が終ればお昼ご飯の時間です。
朝から同じ建物の教室で授業を受けるスタイルは学校と同じです。
そのため、長く通っていると、他校の友達ができたり、異性が気になったりすることもあります。
ここのは人間模様があり、心地よい感覚を持っている学生もきっと多いです。

予備校N予備校